hero_image_01.png
 

あなたの組織にクリエイティブ思考

メソッドをインストールして、

システマティックに

イノベーションを生み出していきましょう

 

今までに、様々なお客様にCreativeGymのメソッドを取り入れていただきました

常識が会社のイノベーションの最大の敵

 

ファーストリテーリングの創業者柳井正氏は「会社の成長、会社の進化を妨げる最大の敵。それは「常識」です。」(経営者になるためのノート)と書いています。

常日頃から常識を疑い、常識を壊して考える思考習慣を身につける。

これが今のあなたの仕事を成功させ、会社を成長させていくために必要不可欠なことです。

ところが、クリエイティブ思考のスキルは、現在の学校教育ではあまり重視されてきていません。そして、私たちは自分が受けてきた教育、そして、所属する組織から、数多くの「常識」とされる思考パターンを身につけます。だからこそ、その思考パターンを打ち破って、新しいアイデアを考えることがとても難しいのです。あなたの仕事の現場で出てくる案は、どの程度、通常の思考パターンの範疇の中にとどまっていますか?

実は、歴史上の天才と言われるエジソン、ピカソ、ダヴィンチ、アインシュタインなどといったクリエイティブ思考の達人には、驚く共通点があります。それは、全く関係のないものごとの関係性を見つけ、新しい発見やアイデアを産み出してきているのです。「そんなこといわれても、自分はクリエティブなタイプではない」と諦める必要はありません!私たちも、彼らが用いた思考メソッドを使えば、偉人たちと同じように新しい思考パターンで、斬新なアイデアを産みだし、イノベーションを起こしていくことができるのです。鍛えれば鍛えるほど、クリエイティブブレーン(脳)は強く鍛えられていくのです。

 

 

 

CreativeGymのワークショップを通して
こんなメリットが手に入ります

 

Artboard 1 copy 7@2x.png

システマティックにクリエイティブ思考を生み出せるメソッドをあなたの組織にインストール

クリエイティブ思考法を組織の誰もが使えるように整えておくことで、分け隔てなく、オリジナルで自由な思考ができるようになっていきます。

Artboard 1 copy 8@2x.png

組織内の周りの人たちを刺激するイノベーションの触媒となる人材を育成

イノベーションメソッドを伝えていくコアチームを育成することで、社内に広く伝播させていくことができます。

Artboard 1 copy 10@2x.png

イノベーションの文化を育む

正しいツールと適切にトレーニングを受けた人材が揃えることで、長期に続く文化を創っていくことができます。あなたの組織がクリエイティブ思考の集団となったら、どうなるか想像してみてください。

workshop scene
 

ワークショップ トレーニングメニュー

Creative Gymでは主に以下の3つのエリアに関して、トレーニングを行っていきます。それぞれのワークショップで焦点となる内容は変化していきますが、基本的に、「問題を視覚的に表現する」「問題を別の角度から捉える」「誰も考えないようなアイデアを出す」といったステップを踏んでいきます。

 
 
visualize-context-04-04.jpg

問題のビジュアライゼーション

解決方法を探りたい案件を、幾つかの手法を使って視覚的にマッピングし、全体を俯瞰します。それを通して問題点を洗い出し、どこにフォーカスしていくべきかを考えていきます。


visualize-context-04-01.jpg

問題のリフレーミング

3つのリフレーミング法を用い、浮上した問題点を様々な視点で切り取り、真に解決すべき問題点を探します。そして、それを「機会(opportunity)」に翻訳していきます。

リフレーミングとは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指します。


brainstorm-05.jpg

大胆なアイデアを産みだすブレインストーミング

「機会」を見つけたら、強力な発想ツール群を用い、大胆で斬新なアイデアを出していきます。

思考メソッドを使うことで、個人やチームが陥りがちな思考の停滞を防ぎ、新しい思考パターンで、アイデアを広げ、深めていけます。

発想ツールの中には、エジソン、アインシュタイン、ピカソ、ダビンチなどが利用した思考法もあり、普段考えつかないアイデアの出し方を体験できます。

 
I really enjoyed the workshop. Each participants brought in different thinking and we were able to joyfully create interesting ideas for each activities. All activities were quite engaging and fun. It was quite a pleasant experience to squeeze variety of ideas out of my brain!!
— Hideki Koyama, Employee at Japanese Corporation in NYC
I sensed that my brain is really getting great stimuli. More I put energy on thinking, more interesting ideas started to emerge. I am convinced that the more we train our brain, the better we can think creatively.
— M.S., Project Manager at a global jewelry company
takao_umehara_portrait.JPG

創立者 ウメハラタカオ

NY在住のデザイナー兼イノベーション戦略家。トロント(カナダ)と東京で育ち、慶応大学総合政策学部卒業後、ロスアンゼルスのArt Center College of DesignのGraphic Design Departmentを卒業。過去17年間、ロスアンゼルスとニューヨークでデザイン&イノベーション分野で仕事をしている。The New School (Parsons)の大学院Strategic Design and Managementにてイノベーション戦略を1年間集中特訓。現在は、教育関連のイノベーションコンサルタントProjectEd (projected.com)でデザイン戦略家として勤務とする同時にCreative Gymの運営を開始した。

ウメハラは人にクリエイティブに考える方法を教え、今までにないアイデアを産み出せるように手助けすることに深い情熱を持っている。過去12年以上、クリエイティブ思考メソッドの研究&開発を続けており、これまでに数多くの個人や組織にワークショップを通して教えてきている。

デザイナー、デザイン戦略家としての主な仕事:
• Coca-Colaグローバルブランディング
• DuPont パッケージデザインシステム
• Virgin Americaエンターテイメントシステム UIデザイン
• NY Times広告キャンペーン
• Hilton Hotel ブランディング

• Amplify Education デジタル教育製品開発

受賞歴:
• Adobe 全米 アチーブメントアワード  インタラクティブ部門金賞 受賞

• THE ONE CLUB / ONE SHOW DESIGN MERIT AWARD モトローラ エクジビションデザイン

著書:
• Extra Ordinary: An Amusing Guide for Unleashing Your Creativity

雑誌掲載:
• 翔泳社DESIGN QUARTERLY 第2号 2006 冬 特集

その他
• New York Design Week にてパネリストとして登壇
• ニューヨークのデザインスクール パーソンズ

 ビジネスモデルデザインのテーマで特別講義