既存の思考パターンを意識的に破るクリエイティブ・シンキングで、イノベーションを生み出そう

常識が会社のイノベーションの最大の敵

 
 

ファーストリテーリングの創業者柳井正氏は「会社の成長、会社の進化を妨げる最大の敵。それは「常識」です。」(経営者になるためのノート)と書いています。

常日頃から常識を疑い、常識を壊して考える思考習慣を身につける。

これが今のあなたの仕事を成功させ、会社を成長させていくために必要不可欠なことです。

ところが、クリエイティブ思考のスキルは、現在の学校教育ではあまり重視されてきていません。そして、私たちは自分が受けてきた教育、そして、所属する組織から、数多くの「常識」とされる思考パターンを身につけます。だからこそ、その思考パターンを打ち破って、新しいアイデアを考えることがとても難しいのです。あなたの仕事の現場で出てくる案は、どの程度、通常の思考パターンの範疇の中にとどまっていますか?

実は、歴史上の天才と言われるエジソン、ピカソ、ダヴィンチ、アインシュタインなどといったクリエイティブ思考の達人には、驚く共通点があります。それは、全く関係のないものごとの関係性を見つけ、新しい発見やアイデアを産み出してきているのです。「そんなこといわれても、自分はクリエティブなタイプではない」と諦める必要はありません!私たちも、CreativeGymのクリエイティブ思考フレームワークを使えば、偉人たちと同じように新しい思考パターンで、斬新なアイデアを産みだし、イノベーションの確率を上げていくことが可能になります。鍛えれば鍛えるほど、クリエイティブブレーン(脳)は強く鍛えられていくのです。